ブログ

事業承継の前準備その3:後継者を決定する

後継者の決定にあたっては、大きく分けて、1.親族内承継、2.(従業員等の)親族外承継、3.(第三者)親族外承継の3つに分類することができます。前準備①②1、2にて自社の状況を良く把握することから始め、検討したうえで後継者を決定していくことになります。
  
1,2,3の方法にはそれぞれメリット・デメリットがあります。例えば、親族内で承継する場合、所有と経営の分離を回避できる可能性が高く、後継者が会社の所有権を保有しつつ経営を行うことができる。また、後継者を決めた後の引継ぎに充分な時間を取りやすい。等のメリットがある反面、相続人が複数の場合には、後継者の決定や、経営権の集中が困難になり親族間トラブルへ発展する可能性が高いというデメリットもあります。
  
また、第三者に承継する場合、他業種の経験や知識のある人材を幅広く選べるため、新しい経営スタイルが構築され企業の発展が加速するというメリットがある反面、現経営者の希望が受け入れられずに、承継に時間がかかる・スムーズに承継できないというデメリットがあります。
  
「事業承継」というとまず最初に「後継者を選ぶ」ことが一番重要だと思われがちですが、実は後継者選びのためには現在の会社の状況と経営者自身の財産状況を把握した上で、今後どういう風に経営をしていきたいのかをしっかりと確認し、その経営を実現するために、誰に譲るのが最適かという発想で候補者選びを行うことをおすすめします。

関連記事

  1. 中小企業経営者の事業承継事前対策について
  2. 親族外株主等が多数存在する場合の自社株の強制買取
  3. 事業承継の前準備その2:経営者自身の財産等を整理する
  4. 事業承継目的の持株会社の作り方
  5. 事業承継の前準備その1:会社の現状を知る
PAGE TOP